HOME HOME HOME HOME HOME HOME HOME HOME

すくすく写真館

しゅうくん(7ヶ月)

情報更新日 2016/03/28

初めてのお産は帝王切開でした。術後の痛みで抱っこの姿勢もままならない中、ぱんぱんに張ったおっぱいからは痛みを堪えても絹糸のような細い母乳が出るばかりで、お腹をすかせて泣いているのであろう息子を抱きながら途方にくれていたことを思い出します。
退院後も試行錯誤をしながら、まずは1ヶ月頑張ろう、3ヶ月まではやってみよう、離乳食が始まるまでは…となんとか母乳育児を続けてきましたが、繰り返すしこりと詰まりにこれはもう一人でやるのは限界だと思い、意を決して桶谷式助産院に電話をしました。
助産院で定期的にマッサージをしてもらうようになってからは、おっぱいのトラブルもほとんどなくなり、母乳について疑問に思っていたことや、ちょっとした育児の心配なども先生が丁寧にアドバイスをくださって、断乳まで本当に穏やかな気持ちで母乳育児を完走することができました。
今はもう何でも食べられる元気な3歳児になった息子を眺めながら、あの時は2人とも頑張ったよねと懐かしく思えるのは、桶谷の先生が温かく導いてくださったおかげだと、とても感謝をしています。今度は下の子と一緒にお世話になっていますが、少しでも長くおっぱいを続けられるように頑張っていきたいと思います。


しおりちゃん(1歳5か月)

情報登録日 2015/11/24

大丈夫です!足りてます。この言葉で救われました。
一ヶ月検診で『体重が足りません、お母さんミルクを足してみませんか?』と先生に言われて頭が真っ白になりました。
これといった指導はなかったので、ミルクを足しました。もちろん体重は増えたけれど、これでいいのかな?と不安になりました。
やっぱり母乳育児をしたい、このままでは絶対子供に良くないと思い、桶谷式を訪ねました。
どんな所か不安があったけど、一歩踏み出して本当に良かったです。最初の頃はラッチオンが上手くいかず授乳時間が辛かったけれど、慣れてきたらとても楽しかったです。
あの時電話をかけていなかったら、最後まで何事もやり通すことの大切さを学べなかったです。
母乳育児を通して子供に母"にしてもらえました。先生に大丈夫と言って頂けて、救われ安心して母乳育児ができました。子供が元気なのは桶谷式のお陰です。"


ひろとくん(1歳8か月)

情報登録日 2015/09/03

生後3カ月頃から息子の体重が増えず悩んでいたところ、桶谷式助産院と出会いました。
それまでも違う乳房マッサージに通っていましたが、母乳過多で息子の飲む量と合わず白斑ができる等、なかなか順調にいかず自分を責めていました。そんな時「母乳育児は親子二人で協力して続けるものよ」と優しく言ってくれ、息子は飲み方を教えてもらい、私は飲む量とバランスが合うようマッサージしてもらったお陰で、通い始めてからは全くトラブルはありません。
何を質問しても答えてくれる知識の深さ、居心地の良さに毎回身も心も軽くしてもらっています。
私の食事の内容で飲む量が増減するグルメな息子のため、美味しい母乳を飲んで欲しくて1歳8カ月になる今も週1回通っています。
私と息子が楽しい母乳生活を送れるのも桶谷式助産院のお陰です❤


めいちゃん(1歳1ヶ月)

情報登録日 2015/06/08

お兄ちゃんの時には、事情があり初乳しかあげられなかった為、今回こそは母乳で!完母で!!と意気込んでいました。母乳の出が良くなるハーブティーを定期購入したりもしましたが、満足のいく量には足りず混合育児となりました。
せっかくの可愛い赤ちゃん期、出ないことに悩んで過ごすより笑って過ごそう!と気持ちを切り替えました。少ないながらも、大きな口を開けておっぱいを飲みニコニコする我が子が愛しくて仕方ありません。
定期的におっぱいメンテナンスと私のメンタルケアもしてもらいながら、断乳までの残り少ない時間を大切に過ごしていきたいと思います。


まぁちゃん(6ヶ月)

情報登録日 2015/03/25

産後すぐからおっぱいがうまくでてるのか自信がもてず、不安でいっぱいでした。産後3週頃におっぱいが熱く張ってしまい友人の紹介で桶谷を知り、通い始めました。おっぱいの不安を何でも聞くことができて、育児のことも、色んなアドバイスも聞け、今までの不安が嘘みたいになくなりました。
最近引越しなどのストレスが重なり乳腺炎になってしまいましたが、すぐに手技をしてもらい湿布を貼って、葛根湯を飲んで頻回授乳をして次の日には元気になりました。本当に安心して母乳育児が出来ています。産後の病院からお家に帰るその足で桶谷に行くのが1番良いと聞いて、本当にそうだなと思いました。次に産んだら絶対そうしたいです。今は、断乳までの限られた時間を子供の為にもっとおいしいおっぱいをあげられるように頑張りたいです!


あっくん(4ヶ月)

情報更新日 2015/01/28

生後1ヶ月頃、乳首の痛みに耐えかね母乳マッサージをお願いしました。続けて白斑ができ、おっぱいが詰まり(涙)その度にお世話になりました。
生後3ヶ月が過ぎた頃にトラブルも落ち着き、今は歯を食いしばりながら授乳していた頃が懐かしく、二度と同じ痛みが来ないことを願いながら、穏やかな母乳生活を送っています。


さゆきちゃん(3ヶ月)

情報登録日 2014/12/01

「早く生まれて来てね!」と呼びかけていたら、切迫早産で緊急入院。「まだ出てこないでね!」とお願いしていたら、予定日超過で誘発分娩。そんな心配続きの妊娠生活も終わり母乳育児を始めたのですが、今度は体重がなかなか増えてくれず、産院からはミルクを増やすように言われてしまいました。
それでも出来るだけ母乳で育てたくて、母乳育児の本を何冊も買って勉強しているうちに桶谷式母乳相談室の事を知りました。おっぱいマッサージから飲ませ方の指導まで親身になって相談にのって頂き、生後1ヶ月を過ぎた頃にはミルクなしでも順調に体重が増えるようになりました。出産前に購入したミルクの缶が封を切らずに今も押入れの中に眠っているのは嬉しい悩みです。


ふたばちゃん(5ヶ月)

情報登録日 2014/09/24

初めての出産。嬉しくて可愛くて、ハイテンションに過ごした入院期間は良かったものの、退院するとなかなか上手く出来ない事が沢山あることに気がつきました。その中でも一番の悩みはおっぱい。「なかなかでないおっぱい」と「すごく飲みたい赤ちゃんの勢い」が噛み合わず授乳の時間が苦痛になっていました。
そんな時に通い始めたおっぱいマッサージ。おっぱいのケアは勿論のこと、育児の悩みも聞いて貰えてすごくスッキリして帰ったのを覚えています。これからも限りある授乳期を大切にして娘と成長できたらな、と思います。


ゆいとくん(3カ月)

情報登録日 2014/08/05

2468g と小さく生まれた息子を生後1か月までに1kg 増やさなきゃと授乳の度に体重計に乗せ、一喜一憂。母乳は足りているのか?ミルクを足す?足すならどのくらい?わからないことだらけの毎日。そんな時通い始めたおっぱいマッサージ。私たち親子を見守ってくれる存在ができました。育児が楽しいと思わせてくれるのはおっぱいマッサージを通して母乳育児が順調に進んでくれているおかげです。


かいとくん(10ヶ月)

情報登録日 2014/06/23

生後1カ月の頃、乳首に血豆や白斑が出来、桶谷式にお世話になりました。定期的にマッサージを受ける事により、2218gで生まれた少し小さめの息子も順調に成長し、おっぱいを飲みながら寝てしまう姿がとても愛おしく、母乳育児に幸せを感じています。
もうじき断乳の時期が来ると思うと寂しい気持ちで一杯ですが、断乳までの二人の時間を大切にしたいと思います。


前のページへ 次のページへ
HOME  このページのトップへ