KI&HIさんより

混合育児から母乳育児へ

出産前から母乳育児に憧れていたのですが、出産した病院が母乳育児推進の病院ではなかったので習った事はミルクの与え方だけでした。
病院ではパンパンに張ったオッパイを冷やしながらミルクを飲ませてました。 退院したら母乳あげるんだ!!と意気込んでたのですが実際は思った通りに授乳することができず、ミルク基本でオヤツ代わり母乳をあげる日々。
そんな状態が1か月続きました。
オッパイが張って娘に飲んでもらっても痛い日が続くようになり朝起きると体が痛い…
熱が39度でてフラフラに何が起きたかわからず病院に行くと乳腺炎になっていました。
病院で母乳育児相談室の話を聞いてすぐさま駆け込みました。
母にオッパイの手技は痛いと聞いていたのでドキドキしていたら先生の手技はまったく痛くない!逆に気持ちいい!天井に向かって自分の母乳がピューピューと噴き出る光景に感動しました。
ここぞとばかりに母乳の相談を先生にしました。
美味しいオッパイ作る為の食事、授乳の仕方、搾乳の仕方、夜間の授乳の大切さ、育児相談。母乳育児も赤ちゃんの育て方もなんとなくでしかわからなかったので本当に勉強になり安心しました。

先生からあなたのオッパイ完全母乳でいけるよー!と言って頂いたのですが、最初は哺乳瓶に慣れてしまった娘とオッパイの格闘の毎日。 
本当にオッパイでてるんだろうか?泣いてるのはオッパイが足りないからか?体重が思い通りに増えない… ミルクの方が楽かも… と弱気になった事もありましたが、相談室に通いながら先生の言葉を信じて、教えて貰った通りに授乳していたら、いつの間にか母乳が出て、私も授乳に慣れてきて娘も飲むのが上手になり体重はみるみる増えていきました。 

母乳育児相談室を知らなかったら今、母乳で育ててなかったかもしれません。
今は断乳するのが少し寂しいです。
断乳するまで娘に美味しい愛情いっぱいのオッパイを飲んでもらいたいです。