K.Mさんより

11年ぶりの出産

今回は、4人目の出産でした。
上の子3人を、母乳が足りているのか?不安ながらも、母乳で育てていたような気がします。
4人目も母乳で育てたいなと思いつつも、42歳で11年ぶりの出産なので、母乳では無理かなと不安がありました。
やはり、出産後入院中あまりおっぱいも張らず、母乳が足りなくて1時間毎に泣き出し、その度に吸わせていましたが、体重も出生時より10%減ったので、ミルクを足しましょうと言われ、がっかりしながらも、ひもじい思いをさせてはかわいそうと飲ませました。
退院後、哺乳瓶の乳首を嫌う息子に、毎日母乳が足りているのか不安だし、おっぱいも左右大きさが違うようになり、息子も左ばかり好んで飲むのでそれも心配でした。
そこで思い出したのが、2番目の息子の病院では桶谷式を取り入れていて、入院中にマッサージをしてもらっていたのです。なんせ2番目からは、16年ぶりなので記憶も曖昧で、早速インターネットで調べたところ、ご近所で出会うことができました。
42歳での母乳育児の不安、全身の疲れが最初の一日でスーッと楽になったのを、今でもはっきり覚えています。4人目ということで、なかなか人に育児の不安を言えずにいたところ、母乳の吸わせ方などを最初から指導してもらい、自分自身がほっとしました。手技もとっても気持ちよくて、終わってからおっぱいがふわふわで、おっぱいの奥から全身が軽くなりました。息子の顔も幸せそうで、両方のおっぱいをおいしそうに飲んでいました。そこから月に一度伺うのが楽しみで、おっぱいがふわふわになった日は、息子の顔も違うように見えました。お蔭様でその後トラブルもなく過ごすことができました。
2歳半で断乳するときも、ご指導のおかげで、お昼寝の前に最後にたっぷりとおっぱいを飲ませて、私がびっくりするくらいすんなり断乳できました。私の方がさびしくなってしまい、涙が出てしまいましたが、断乳してすぐの相談日に気持ちまで楽にしていただきました。
母乳育児のいいところは、おっぱいを飲んでいるときの一体感、なんともいえない幸せな気分になります。

4人目で一番ステキな母乳育児ができて幸せでした。